calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

Premium Concert III を終えて

0
    もょ響指揮者の田中でございます。

    去る4/29に、「もょもと交響楽団 Premium Condert III」公演を無事に終了することができました。
    ご来場くださいましたお客様、応援してくださいましたみなさま、ありがとうございました。

    今回のコンサートを簡単に振り返ってみます。
    ご来場くださった方は「ああ、ああ、そういうことあった」と思い返していただき、残念ながら会場にいらっしゃらなかった方は、パパス無念の「ぬわーーっっ!!」の準備をどうぞよろしくお願い申し上げます。


    (1) ロビーコンサート

    開演前のひととき、会場ロビーにて小編成のアンサンブルで一足早くドラゴンクエスト楽曲の演奏を行いました。演奏曲目はこちら。

    ・王宮のホルン(VII)
    ・王宮のロンド(III)


    ミューズの荘厳な雰囲気にぴったりの楽曲でした。
    早くから会場に来てくださったみなさまに、少しでも早くドラゴンクエストの音楽の楽しみを共有したい!という思いで、参加メンバーは忙しいオーケストラ練習の合間をぬって、一生懸命練習に取り組んでおりました。

    「王宮のロンド」は、実はもょ響の第1回コンサートでも取り上げましたが、あれから5年、メンバーの合奏力の向上を私も感じて感慨深かったです。
    みなさまにもお楽しみいただけましたでしょうか。


    (2) コンサート本編

    さて、もょ響コンサート本編のお話です。

    前回のブログでもご説明いたしましたが、今回はドラゴンクエスト音楽の世界を通じてオーケストラの楽器について少しクローズアップしてみよう!という試みを前半でやってみました。
    普段オーケストラになじみのない方にも、いろいろな楽器を知っていただけたのではないかと思います。

    後半の交響組曲「ドラゴンクエストV」 天空の花嫁のステージでは、そのストーリーも含めてたっぷりとご堪能いただきました。
    改めてストーリーを振り返ると、本当に過酷な物語だったなーと思います。
    10年の奴隷生活とか、想像するだけで身震いしますよね……。

    世界の情景や主人公たちの感情、巨悪の脅威など、ドラゴンクエスト好き集団らしく音色に込めて演奏したつもりです。
    少しでも心に残る演奏ができていれば幸いでございます。


    (3) ぺぺぺぺ再び

    司会は、今回も金丸悠子さんでした。
    第1回コンサートよりずっとお世話になっております。

    心のこもった、やわらかく落ち着いた語り口が魅力ですが、ご本人もドラゴンクエスト大好きですから、お客様や楽団と共に世界観を楽しむ語り部として今回も大活躍でございました。

    そして例の「ふっかつのじゅもん」、今回も朗読していただきました!
    あの独特の「ぺ」の切り方、わかる方にはわかると思いますが、実際の「ふっかつのじゅもん」入力の空白部分も表現しています!こまかい!
    (例:とり やまあ きらぺ ぺぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ)

    金丸さんは今回のような司会業でも活動されていますが、歌手としてもさまざまなフィールドで活躍しています。
    是非、歌手としての金丸さんの側面もお楽しみいただければと思います。

    ■金丸悠子 official web site
    http://kanamaruyuko.com/

    ■多摩川 / kanamaru yuko
    http://www.youtube.com/watch?v=ZxnE59VZ88Q


    (4) アンコールは、あの秘曲も!

    みなさまのあたたかい拍手でアンコール演奏をさせていただきました。
    ありがとうございました。
    演奏したのは、こちらの2曲。

    ・ずっこけモンスター(V)
    ・そして伝説へ(III)


    「ずっこけモンスター」は、DS版ドラゴンクエストV で、デボラの部屋にあったミニゲーム「スライムタッチ」のBGMとして、すぎやまこういち氏が新たに作曲した追加曲です。
    最近では「ドラゴンクエストX」の怪獣プスゴン戦のBGMとして有名かも知れませんね。この曲を聴きたいがために、何度スイの塔に行ったことか……マイスウィートハニー!

    ドラムと低音楽器のロックビートに乗せて、金管楽器を中心に強烈な音遊びを繰り広げる、すぎやまこういち氏のおちゃめさが前面に出た楽しい音楽でした。

    過去、2008年に開催された東京都交響楽団や京都市交響楽団のコンサートで取り上げられただけの貴重なこのオーケストラ版。
    今回はスギヤマ工房様のご厚意により、アマチュア楽団としては初めて演奏をさせていただきました。

    最後の「そして伝説へ」は、言うまでもなくシリーズを通してファンの多い曲だと思います。

    私は14歳から指揮の勉強を始めましたが、人前で合奏の指揮を披露したのは、15歳のときでした。
    そのときに吹奏楽部で演奏したのが、この「そして伝説へ」でした。

    「卒業生を送る会」というイベントで、卒業生を送り出すお祝い曲として演奏したんですけどね、私15歳ですからね、つまりですね、私自身が中学3年生で送られる身だというのに指揮してたっていう、ちょっとおかしなことになってましたけど、まあそれだけドラゴンクエスト大好きだったってことで……

    あれから20年以上が経過しまして、おかげさまで自分にとっての出発点となったこの曲を指揮する機会も増えました。
    なんだかんだで、今回で人生5回目の「そして伝説へ」の演奏でした。いや、いくらなんでもやりすぎだろう!!!!

    あんまり真面目なこと言うつもりはないのですが、私がいつもこの曲を演奏することで伝えたいのは、「夢はかなうものなんだよ!」ってことです。
    タイムマシンがあるならば、15歳の時代に戻って今の姿を自分に見せたい。

    ※ BGM:「まどろみの中で」(ドラゴンクエストIII)

    15歳ぼく「おじさん、だれ?」
    38歳ぼく「23年後のきみだよ」
    15歳ぼく「23年後のぼくは、何をしているの?」
    38歳ぼく「フフフ……きみが今の気持ちを忘れずに頑張っていれば、大人になってもずっとその『そして伝説へ』と共にいられるんだよ。がんばれよ、少年」
    15歳ぼく「……あ、あの」
    38歳ぼく「なんだい?」
    15歳ぼく「ぼく、そんなに太っちゃうの?」
    38歳ぼく「 」


    ……あれ、おかしいね?涙が出てきたね?

    それでは、またお会いしましょう!
    ありがとうございました。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック