calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

【活動レポート−9】ロマンスの神様

0
     街は華やかなイルミネーションに彩られ、美味しそうなケーキや御馳走が並び、プレゼントなんかに心躍らせる。そう、世間はクリスマスです。気持ちは若いと主張しても見た目おっさんなサイファ3○歳独身なワタクシですが、そんなときにふっと思い出すのがタイトルの「ロマンスの神様」。おっさんだって、ロマンスの神様は今年はきっとぼくにも微笑んでくれるなんてちょっと信じて歩きながら思わず「ロマンスの神様この人でしょうか〜♪」と口ずさんで歩いてるんですよはい気持ち悪いとか言わないそこっ!!

     
    私たちもょ響もコンサートまで1か月。クリスマスの時期ではありますが、「リア充爆発!」「楽しくいい演奏を作ろう」を合言葉(?)に、真剣に練習に取り組みました。この日は午前中から午後までの長丁場の練習。

    午前中は小編成の楽曲を中心にアンサンブルの細かい詰めを。そして午後1番に「疑似本番」として全プログラムを本番と同じ形で通していきました。オケの練習組みのセオリーとして、あまりこういうことはやらないと思うんですが、今回、あえてこういう形でやらせていただきました。体力配分や表現の作り方などを全体的に俯瞰すると同時に、今、自分たちが目指す演奏に対してどの位のところにいるのか?という点を全体像を通してもう一度認識するためです。
     演奏に対してはうまくいってるところ、そうでないところもまだまだ多数あります。特に厳しいところ、詰めが必要なところを午後の後半ではみっちりと詰めていきました。マエストロも指導の要求が一層高くなり、熱が入ってきています。

    そんな厳しくも楽しい練習の中にちょっとした息抜きも。クリスマスということで有志がちょっとしたプレゼント交換会を持ちかけて楽しいクリスマスのちょっとしたイベントも行われたりしました。

     もょもと交響楽団の冒険はいよいよ天王山を前にしました。クライマックスの本番を前にし、仲間のすけさん吹奏楽団もその準備にメンバー全員が取り組んでいらっしゃることと思います。
     年が明ければすぐに本番を迎えます。お客様を前に、少しでも満足いただけるドラクエ演奏をめざし、もょもともすけさんもしっかり準備してまいります!


    このブログを書いているのは26日。冒頭の流れだと「ロマンスの神様どうもありがとう〜♪」と大声で歌う(笑)のですが、1年のうちこの日だけは深遠に知的にある大哲学者(*)の至言を深くかみしめます。



























    神は死んだ。


    皆様、よいお年を。


    (*)フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(1844〜1900)代表作は「ツァラトゥストラはかく語りき」。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック