calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

【活動レポート−8】合奏と冒険の共通項

0
     このブログ、すっかり更新ご無沙汰してしまいました・・・。いつものいつも通りのもょ響サイファです。
     いやいや忙しかったんですよ。毎朝ごとにエーゲ海の見える白亜の壁の極上スイートルームテラスでコーヒーシャンパンブレックファースト昼は白いドレスのコイビトと豪華クルーザーで語り合いながらプロポーズ最後はタイタニックのごとく船首で世界征服ああ俺って実はディカ○リオ夜はコイビトはドレスで盛装晩餐舞踏会ワルツはもちろん結婚ワルツ深夜はカジノでポーカースロットスライムレース右手にブランデー左手にコイン勇者様またまた大勝丑三つ時には美女のベリーダンスで勇者サイファ様アッサラーム〜♪・・・と多忙を極めておりましたのでございますよ自分の脳内世界限定で。



    もょもと交響楽団も演奏会に向けていよいよラストスパートの練習が行われております。11月から12月は演奏の力をつけるため、マエストロ田中さんを中心に毎回の練習で課題曲を決めて細かく詰める練習を行っております。
     「演奏の冒険」ってゴールがないんですよね。どんな曲でもこの部分をやっつけた(できるようになった)ならまた次の課題、そして一通りの課題をクリアしたらまた同じところが大きな敵となって立ちふさがる・・・といったように、目に見える楽譜の風景は同じでも戦う(練習する)ごとにどんどん強くなっていく・・・・ドラクエのゲームでも倒せばさらに進化して強くなるラスボスがいますが、曲の練習を積み重ねるプロセスの中ではこれと似たような感覚を感じることがあります。

     もょもと交響楽団でも、その楽譜を少しでもレベルを上げてで攻略しようと、通常の合奏練習だけではなく、自主的に分奏練習やパート練習なども行われています。また、練習後の打ち上げでも「ここはこうしたいね」「もっとこうしたらよくなるよね」といったパートの垣根を越えたコミュニケーションを取りながら進んでいけるようになってきたように思います。また、練習の合間にドラクエに限らず普通のクラシック曲(ハイドンやモーツァルトなど)の小編成の曲をアンサンブルすることで、楽しみながらも合わせる感覚を養うなどの練習も見られています。

     練習すればするほどその敵は強くなる。そして、強い敵を倒すために個人が、そして楽団が力をつけさらに高い課題に挑む。合奏音楽とドラクエの冒険ってそんなところにも共通点があるように思います。
     また、もょもと交響楽団の頼もしい相棒である「すけさん吹奏楽団」も、参加される方が着々と楽譜を攻略しているところです。こちらもどんなわくわくする冒険の成果を聞かせていただけるのが今から非常に楽しみですね!

    演奏会まであと1か月少々。もょもと交響楽団もすけさん吹奏楽団も冒険は第4コーナーを回るところとなりました。ご来場いただいた皆様にも楽しんでいただけるように、最後まで走り切っていきます。

    そうそう、もょ響のウェブサイトにもちょっとした仕掛けが施されています。ウェブサイトのトップページ、少し時間かけてご覧になってくださいね☆


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック