calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

【活動レポート−1】冒険の旅立ち

0
    もょもと交響楽団・事務局のサイファです。 

    2011年7月31日。来年1月に予定されている演奏会に向けて、我々もょもと交響楽団は本格始動いたしました!この日、ようやくお借りした公式楽譜の配布されるということで、会場オープン前からたくさんのメンバーが集結です。
     とにかくこの日に間に合わせるために、たった一人で楽譜の準備に奔走してくれたライブラリアンTくんにはただただ頭が下がります。どんなオーケストラでも演奏活動のために人知れず「影の労苦」をしてくださる方がいるものです。こういう方たちへの感謝を忘れずにいきたいものですね!

     みな、譜面を宝物をもらうような顔で受け取っています。そう、これが今回演奏する楽曲たちの公式楽譜。、あのあこがれた曲たちがどんな形で書かれているのか、自分のパートはどんなことをしてるんだろうみんな興味津々といったところです。かく言うワタクシもそんな1人。どんな曲でも新しい楽譜をもらうというのはわくわくするものですが、この日はちょっと特別な感慨もありました。そしてその譜面の量の多さもいろんな意味で重く感じました・・・(製本したらちょっとしたオペラ並みの厚さになった)

     そして、いよいよ合奏開始!指揮者田中さんのタクトが上がった瞬間、メンバー全員の顔が宝物をもらった子供から、真剣に音楽と対峙しようとするオーケストラマンの顔に一転します。
     この日は、今回演奏するドラクエの楽曲全13曲をとにかくランスルーしていきました。この「最初の初見通し練習」というのは、これからオーケストラが、そして各奏者が本番に向けての作戦を立てるためには必要なことなんです。
     
     通す前から予想はしていましが、通してみたら「予想以上に手ごわい楽曲たち」。しかし、難しい楽譜だからといって決してひるんだりしないのが、我々もょ響の奏者たちです。大好きであこがれた楽曲たちをこの手で演奏する喜びをベースに、演奏会に向けてお客様たちに楽しんでいただける演奏を目指そうとよりいっそう頑張ろうというみなの前向きな意思が、最初の合奏のサウンドからひしひしと感じられました。

     練習終了後には、早速各パート・各セクションで作戦会議があちこちで行われていました。音作りをするための自主練習日程を調整するところもあれば、パート内での練習やポイントを打ち合わせるところなど、新旧の参加者問わず前向きで活発な意見交換ができるのがもょ響のいいところです。

     もょもと交響楽団では、ヴィオラ・チェロ・コントラバスの各パートに若干の空席があります!中低弦奏者の方は、ぜひご検討ください!
     また演奏会のために臨時編成される「すけさん吹奏楽団」は管楽器奏者の募集を行っております(一部パートは定員に達したため締め切らせていただきました)。詳細は当楽団公式ウェブサイトの「ぼしゅう」ページをごらんください。


    音楽の大冒険、いよいよ旅立ちです! 

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック