calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

お久しぶりです、もょもと交響楽団です

0

    もょもと交響楽団 指揮者の田中でございます。

    交響組曲「ドラゴンクエスト」シリーズを演奏するオーケストラ「もょもと交響楽団」がこのたび再結成され、2012年 1月に 2回目のコンサートを開催する運びとなりました。
    前回同様、吹奏楽ステージを含めた 3部構成で、ドラゴンクエストの名曲の数々をたっぷりとお楽しみいただきたく思います。

    今回はなんと、吹奏楽合同バンドにも名前が付きました!
    運営スタッフみんなで考えたその名前は、「すけさん吹奏楽団」。
    ドラゴンクエストII で、主人公・ローレシアの王子と共に旅をしたサマルトリアの王子の名前から付けました。
    もょもと交響楽団にとって、頼もしい旅の仲間になることでしょう。

    さて今回は、未来の話をするよりも、まずは改めて過去の振り返りをしておきたいと思います。

    2009年 8月16日に麻生市民館 大ホール(川崎市)で開催された「GAME MUSIC CONCERT 〜ドラゴンクエストの世界より〜」では、第1部の吹奏楽ステージを「吹奏楽合同バンド」が、第2部・第3部の管弦楽ステージを「もょもと交響楽団」が演奏いたしました。

    「吹奏楽合同バンド」は、このコンサートの前日に初めて出演者が集い、当日を含めてたった 2日の限られた時間内でリハーサルを行いました。
    指揮者の伊藤先生はドラゴンクエストの楽曲に大変詳しく、その知識と経験、そして何より溢れる愛情と情熱によって、極めて限られた時間の中で的確に音楽をまとめていらっしゃいましたが、とにかく出演者のみなさまのやる気やわくわく感がものすごかったですね。

    私もさりげなく打楽器演奏でお手伝いしていたのですが、まさに「大好きなドラゴンクエストの音楽を演奏できる!」という喜びに満ちた演奏になったと思います。
    私にとっても、大変楽しいステージになりました。
    当時演奏した「不死身の敵に挑む」(ドラゴンクエストV)のリズムの難しさには本当に苦労しましたけどね!

    管弦楽については、このコンサートのためだけの楽団を結成し、半年間しっかりと練習を行ってきました。
    それが「もょもと交響楽団」です。

    この楽団を創設するきっかけは、さらに遡って2007年頃の話になります。
    私と友人の 2人で「俺たちは交響組曲ドラゴンクエストシリーズを聴いて育った世代。世の中には自分たちでドラクエを演奏したいと考えてる人が多いはず。ちょっと企画してみよう!」っていう話をし、SNS の mixi で協力者を募り、1年ほどの企画期間を経て、2008年の 9月にその第1回目のオーケストラ合奏イベントを開催しました。

    この時点で既に40名弱ほどの方にご参加いただいて合奏を楽しんだのですが、この合奏イベントは現在に至るまで開催を重ねており、今年 1月に開催した第7回合奏イベントでは70名を越える方が参加され、大編成のオーケストラになって迫力ある演奏を楽しみました。
    やっぱり、世の中には「ドラゴンクエストを演奏したい!」と考えている方は大勢いたのですね!

    そんな合奏イベントを数回重ねながら、参加者層の「ドラクエ愛」を見極め、2009年の頭にコンサート開催と楽団員募集を唐突に発表したのです。

    当時の企画代表から楽団名を付けるように言われていたのですが、全国のドラゴンクエストファンにとっての共通の拠り所となる名前を……と考えた抜いた結果が「もょもと」でした。

    ご存知の方も多いと思いますが、これはドラゴンクエストII の有名な「ふっかつのじゅもん」によって生まれる主人公・ローレシアの王子の名前です。
    なんとも不可思議な字面と発音は、強烈な印象となって昭和のファミっ子(ってよく言ったよね!)の記憶に残ることになったのです。
    いきなりレベル48からスタートしちゃうその「ふっかつのじゅもん」、みなさん覚えていますか?

    ゆうて いみや おうきむ
    こうほ りいゆ うじとり
    やまあ きらぺ ぺぺぺぺ
    ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ
    ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ ぺぺ

    「ぺ」の数まで覚えているのが、真のもょもとファンです!

    「もょ響」という略称が生まれたのも、楽団名を発表してすぐのことでした。
    ちょっとタイピングしづらい名称だけど、それでもみんなこの名前を愛してくれました。

    ちなみに、実は当初「東京もょもと交響楽団」という案で進めていたのです。
    でも、いざ演奏会場を抑えてみたら神奈川だったっていう……それで「東京」を外した名称になったわけです。

    そんな「もょもと」王子の名のもとに、首都圏を中心としながら全国から楽団員が集まって練習を開始したわけですが、最初は本当にひどかったんです!演奏が!今だから思いっきり言うけども!!
    大好きなドラクエの演奏練習ができる喜びに満ちながらも、「これを人様にお聴かせするレベルに上げていくにはどうしたら……」という不安もありました。

    でも、もょ響には、ドラゴンクエストの音楽や、作曲者のすぎやまこういちさんの精神を愛する人ばかりが集まっています。
    自分たちが愛した音楽のために、様々な創意工夫をし、お互いの技術を高め合い、良い演奏を目指すことができました。
    私自身も、大好きなドラゴンクエストの音楽を通じて、音楽的・人間的な成長を実感した半年間でした。

    私はその後も指揮者としていろいろなオーケストラや吹奏楽団等と関わってきましたが、今こうしてもょ響の指揮台に再び戻ることを思うと、何か特別な感慨があります。
    前回のもょ響で一緒にコンサートという冒険の旅をした仲間もいれば、今回新しくもょ響に加わる仲間もいます。
    ドラゴンクエスト風にいうところの「もょもと交響楽団II」という新作が、はたしてどんな音になるのか、そしてどんな体験をもたらすのか、今から楽しみでなりません。

    2012年 1月、みなさまに新しいドラゴンクエストの音楽体験をもたらすことができるよう、努力してまいります。
    みなさま、どうかご支援のほどよろしくお願いいたします。

    最後になりますが、このたびの東日本大震災で被災された方々や、様々な影響を受けているみなさまに、心よりお見舞いを申し上げます。
    中には、ゲーム音楽やドラゴンクエストの音楽が大好きな方々も大勢いらっしゃることと思います。
    もょもと交響楽団の演奏は、きっと楽しくてわくわくするものになると思いますし、そうしていくつもりでおります。
    演奏会場までのアクセスは人によって状況は様々であると思いますが、このコンサートを楽しみにお待ちいただけたら、私たちも大変うれしく思います。
    一人でも多くのドラゴンクエストファンの方とともに、楽しく興奮に満ちたコンサートのひとときを過ごせるよう、私たちも頑張ります!

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック